微量PCBに関する助成金・補助金・支援制度について

PCB

 

微量PCB廃棄物は分析から処理をするまでに、たくさんの費用がかかります。

 

また、PCB機器の種類・PCB濃度・設置場所・運搬費用など様々な条件によって違いがあるため、見積もりをしなければどれだけの費用がかかるのかわかりません。

 

高濃度PCB廃棄物は令和5年3月末を以て、全てのエリアで処分期間が終了しました。低濃度PCB廃棄物の処分期間は令和9年3月末となっています。

 

PCBの濃度を分析をしてみて、PCBが含まれていなかった場合でも助成金が出るので安心して依頼することができます。

東京都のPCB廃棄物分析・処理費用の助成金

 

微量PCB廃棄物処理のさらなる促進のため、「東京都微量PCB廃棄物処理支援事業」の申請ができます。助成対象者は都内に微量PCB廃棄物を保管している個人、中小企業者等です。

 

東京都内で個人・中小企業団体・マンション等建物管理組合法人・中小企業者の方で、PCB廃棄物をお持ちの方はPCBの分析で助成金をもらうことができます。

 

助成対象経費
  1. 微量のPCBに汚染された可能性のある変圧器及びコンデンサー類の電気機器の絶縁油の分析費用
  2. 微量PCB含有が確認された絶縁油・容器・電気機器の処理(運搬・処分)費用

 

調査してPCBが含まれていなかった場合でも分析助成金を受け取ることができるので、安心して専門の業者へご依頼ください。

 

助成率等
  1. 試料採取費及び分析費の50%(1台あたりの限度額12,500円)
  2. 処理費の50%(処理量に応じた限度額あり)

 

「東京都微量PCB廃棄物処理支援事業」申請受付開始のお知らせのページはこちら

 

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/04/08/05.html

 

東京都が実施するPCB廃棄物の助成事業についてのページはこちら

 

https://www.tokyokankyo.jp/jigyo/resource-circulation/pcb

 

PCB

 

助成金申請には様々な書類が必要になります。

 

手続きなどの時間がない場合や、実際に自分のケースだといくらかかるか知りたいようでしたら、ぜひ、当社にお手伝いさせていただけたら幸いです。

 

政府が定めている処理期限ギリギリになってから動き始めるより、まずは一度お見積を取ってみて、その時のために備えてみてはいかがでしょうか?お見積は一切無料で引き受けておりますので、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

 

\PCB廃棄物の処理はPCBの専門家へ/

株式会社リジェンヌ

 

メールで行政へ提出している書類やPCB機器などの写真を添付していただくと、簡単な見積もりを出すこともできます。

 

\LINEでの問い合わせはこちらをクリック/

LINE

 

メールでの問い合わせはこちら

LED照明導入促進事業

LED照明導入促進事業(中小企業等におけるPCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業)は、中小企業等を対象にPCB使用照明器具のLED照明器具への交換を支援することが目的です。

 

  • PCB早期処理を促進
  • 二酸化炭素の排出の抑制

 

この2つを達成するとともに、コスト削減も実現することが多く、PCB使用照明器具をこれまで利用してきた方にもメリットがあります。

 

対象事業の要件
  • PCB使用照明器具の調査事業:昭和52年3月以前に建築・改修された建物の調査
  • PCB使用照明器具のLED照明への交換事業:使用中のPCB使用照明器具のLED照明器具への交換

(交換にあたってはリースによる導入も補助対象とする。)
※いずれも、PCB使用照明器具の早期処理が確実であること。

 

補助金の交付額

 

PCB使用照明器具の調査費用の10分の1 (上限50万円)

PCB

 

工事費、設備費、事務費、その他必要な経費で承認した経費の3分の1

PCB

 

補助対象
  • 中小企業者
  • 中小企業規模相当の法人や地方公共団体
  • 個人事業主又は個人
  • その他環境大臣の承認を経て協会が認める者
  • リース方式により照明器具を導入するリース会社

 

公益財団法人 産業廃棄物処理事業振興財団 技術部LED補助金事務局の公式サイトはこちらです。

 

https://www.sanpainet.or.jp/pcb_led/

日本政策金融公庫の融資を受ける

日本政策金融公庫が、PCB廃棄物を自ら処分する方または処分を委託する方に対して融資をしてくれる制度です。

 

融資限度額
  • 直接貸付 7億2千万円(うち運転資金2億5千円)(注)
  • 代理貸付 1億2千万円

 

ご返済期間 : 7年以内(うち据置期間2年以内)

 

利率(年) : 基準利率

 

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/15_kankyoutaisaku_t.html